浜カレー【¥1480】 しびれ鶏カレー【¥980】 牡蠣とひき肉のカレー【¥1280】
ひき肉とキノコのカレー【¥1080】 エッグドフロマージュカレー
【¥1180】
野菜とポークのカレー【¥1080】



やっと・・・・。やっと僕はここまで来た。
まさか、本当にカレー屋を札幌に出すことが出来るだなんてあの時は夢にも思わなかった。
あの時の事は今でも鮮明に覚えている。この先も忘れることはないだろう・・・・・。



今から五年前(平成23年)の三月末。僕は生まれ故郷である積丹町美国町にうに丼屋、田村岩太郎商店をひっそりとオープンさせた。
オープン初日は誰一人お客さんは来なかった。これが今となっては岩太郎商店の語り草となっているオープン初日ノーゲスト伝説である。
オープンした事を町民に周知していないのだから客が来ないのは当たり前と言えば当たり前だ。
嫌な予感はしていたが、しばらくしてお店がオープンしたとみなが気づき始めたら徐々にお客さんは来てくれるだろう。とその時は思っていた。
がしかし、オープンしてしばらくたってもいっこうにお客さんが来る気配はない。
嫌な予感が現実になった。
一か月、二か月経ってもお客さんなんて来てくれやしなかった。
手持ちのお金も30万を切ってこのままではお店を始めて半年持たずに潰れることを覚悟した。

6月の末には積丹町美国町で味覚祭りが開催される。
ここで出店すれば当面の運転資金は確保できると踏んで僕は本業の岩太郎商店を閉めて味覚祭りへの出店を決めた。
カレーでの出店だった。

しかし出店するにもお金がかかる。この時にはもうすでに食材を仕入れるお金すら無かった僕は材料費はすべて友達に建て替えてもらうことで何とか出店したのだ。



目指すは1,000食で60万の売り上げを見込んでいた。
聞くところによると味覚祭りはお客さんでごった返し、前の年にはどのお店も早々に売るものが無くなってしまうほどの大盛況で、皆儲かったという話だった。
自然と期待が高まった。
ここをうまく乗り切ればしばらくはお店を維持できる。僕は半信半疑ながら一縷の望みをかけた。
1,000食のカレーを作るのは想像以上に困難を極めた。
作業は深夜をまわって朝になっても続いた。みんな不眠不休でカレーを作った。
もうすぐ祭りが始まるというのにカレーのルゥが足りない。大急ぎで近隣のスーパーやコンビニでカレーというカレーは全部買い占めたがそれでもルゥが足りず、水っぽいシャバシャバのカレーで営業するしかなかった。

また 出汁に使ったエビの髭を切る時間がなくて長い髭をつけたまま、そのエビを具材に使うしかなかった。
今思うと本当に商売を舐めているとしかいいようがないほど、しょうもないカレーを売ってしまったものだ。
それでも売らなければならない。売らなければ岩太郎商店の未来がないのだから・・・・
売らなければ岩太郎商店が潰れてしまうのだから僕らはみな必死だった。
当時付き合っていた彼女、それから僕の妹に頼み込み売り子をやってもらった。しかも、わざわざ浴衣まで着せてという気合の入れようだった。
味覚祭りが始まって飛ぶように売れるのかと思いきひや、事前に聞いていたバカ売れするという話はどこに行ってしまったのかと思うほど全然売れない。

それを見かねたのか友達のお母さんが1人で6食も買ってくれた。しかし、シャバシャバで水っぽいうえにエビの髭も切っていない食べずらいカレーに喜んでくれるわけがなかった。
もちろん大激怒。
泣きっ面に蜂とはまさにこのことだった。



結果は散々で何食売ったのかも覚えていない。
ただ、60万の売り上げを当てにしていたのが実際には20万しかなく、最終的な収支はたったのプラス3,000円だった。
みんなが無給で働いてくれたから良かったものの、本来なら大赤字だった。
結果的に大激怒した友達のお母さんが買ってくれた分がプラスになっただけだった。

岩太郎商店の店長たけし君、それから地元の友達、後輩、妹、当時の彼女、みんなで必死に夜通し頑張った結果がたったの3,000円・・・・。
僕は顔では必死に平静を装い自虐的な笑いに変えてみせていたが、心の中では泣いていた。


味覚祭りのフィナーレは花火大会。

僕は彼女と一緒に夜空に打ちあがる花火を見つめていた。
隣にいる彼女はそんな僕の手を強く握った。諦めないで頑張っていこう、どんなことがあってもついていくよという思いが伝わってきた。
しかし、僕はその手を握り返してあげることが出来なかった。


ただただ黙って夜空を見つめるのが精いっぱいだった。
打ちあがる花火を見つめていたわけじゃない。
僕はこみ上げるものがあふれ出ないように必死に夜空を見つめていた。
今から5年前(平成23年)の夏のお話。

【カレー専門店】円山教授。



食べログレビュアー様へお願い
食べログには決していい点数を書き込まないでください。
なぜなら




はじめまして。私はカレーのプロフェッサー、円山教授だ。
当店は積丹町のうに丼屋である田村岩太郎商店の姉妹店。
岩太郎商店と同様、当店も食べログへの書き込みはなるべく低い点数でお願いしたい。
理由簡単。
正直に言って私は食べログというのが大嫌いだ。
なぜなら食べログの仕組みがフェアじゃない。多くの飲食店は実名でリスク背負って商売しているのに書き込むレビュアーは匿名である。
これほどアンフェアなルールはない。そのアンフェアな仕組みをいいことに匿名で好き勝手悪く書き込むその精神は武士道の心を持つ私には到底受け入れがたい。
いわば彼らは卑怯者。面と向かって直接は言えないが匿名という自分の身に危険が及ばぬ立場なら言えるというのだから実社会ではよほど肩身の狭い生き方をしているのだろう。
飲食業などのサービス業に携わる者はお金を稼ぐという以前に、お客さんの喜ぶ顔が見たい、お客さんに満足してもらいたいと思って頑張っている人がほとんどであろう。
そういう働いている側の思いを察することの出来る心の持ち主であるならば、一生懸命に頑張っている人に対し悪いレビューを書こうなどとはよほどの事がない限り普通は思わぬものである。
しかし、世の中には心の貧しい者、人の足を引っ張ろうとする者、卑怯者が少なからずいるものだ。食べログレビュアーにはそんな私の嫌いなタイプの人間がうじゃうじゃ存在する。
残念ながら私はそういった卑怯者たちに怯えることはない。卑怯者たちになんと書かれようが彼らに擦り寄ることはしないのだ。
こんなことを言うと「客を何だと思ってるんだ?客は神様だぞ」とかいうレビューを生きがいに承認欲求を満たしてる連中が騒ぎ出すだろう。
全てのお客様を神様のように崇めるのが当たり前と思っているのなら、それは違う。お客様が神様かどうか決めるのはあくまでも私だ。
私は心無いレビュアーによって決められる点数争いには参加しない。そんな人々らを満足させるためにカレーの研究を30年も続けてきたわけではない。
私が来てほしいお客様は卑怯者ではなく、心が優しく思いやりがあって心豊かな人たち。
そういう方たちのリアルな口コミや笑顔、感謝の言葉が一番の励みなのだ。だから私はそういう心豊かな方たちが安心して食事が出来るよう、心貧しい卑怯者(当店にそぐわない者)を出来るだけ排除しなければならない。
当店の点数が低ければそういったレビューを書くことを目的とした心貧しい人々を寄せ付けずに済む。
しかしながら、おそらく当店の噂を聞きつければ、斜に構えた偏屈レビュアーがその実力たるやどんなもんかとレビュー書く気満々で訪れるだろう。
だからレビューを書くなとは言わない。どうぞお好きに書いていただいて結構だ。
リアル社会では散々傷つけられているプライドも匿名で書き込めるネット社会においては自分の自尊心を保つ事が出来るのであれば、そんな彼らの唯一の楽しみを奪う権利は私にはない。
私のこの文章にユーモアではなく嫌悪感を抱くようなら私とはセンスも価値観も合わない。そしてお店のコンセプトも理解することはできないだろう。
間違いなくそんなあなたをターゲットにはしていないし、来店しても満足できないだろうからあなたの思う他のカレーの名店とやらに行くことを強くお勧めする。

by円山教授
【注意】レビュアーの文章を読めばだいたいその人物の人となりが分かるものです。当然のことながら心優しいレビュアーも数多くいることは否定いたしませんし、当店を応援してくれているレビュアーさんには心より感謝いたしております。
[カレー専門店 円山教授。] 札幌市中央区南4条西21丁目1-27第五藤栄ビル TEL011-522-8886

Copyright gantaromaru.com All rights reserved